| 魚探のしくみ | 魚探 お役立情報 - 魚群探知機/魚探の見方 使い方 魚探の原理

| 魚探のしくみ |・魚群探知機/魚探の見方・使い方・原理 ・超音波と水深


トップ > お役立情報> | 魚群探知機/魚探のしくみ |


魚群探知機のしくみ/見方/使い方

魚群探知機を初めてお使いの方や、見ていても今一つよく分からないといった方のために、魚探の原理魚探のしくみ魚探の見方/使い方を解説します。


魚探の見方/使い方

魚群探知機/魚探の原理/仕組み

  • 魚群探知機の仕組みは、船底に取付けた振動子から海底に向けパルス状の超音波を発射します。この超音波パルスは海底に向かって進んで行きます。
  • 超音波パルスが進んで行く途中に魚群などがいる場合は、それらの魚群に当った超音波は反射します。
  • 反射された超音波は微弱な信号ですが、船底に取付けた振動子まで返ってきます。魚群に当たらなかった超音波はそのまま海底に向かって進んで行き、海底で反射します。そしてこれらも振動子まで返ってきます。
  • この時、超音波パルスを発射してから反射波が返ってくるまでの時間を測定すれば、自船から魚群や海底までの距離(水深)を知ることができます。
    超音波がそれぞれの物体に当たり往復伝播している時間を距離に換算することで、魚群や海底までの水深を知ることができます。魚探はこれら一連の動作を連続的に繰り返し自船の真下の様子を画面に表示させます。

    ''魚探''の説明

超音波と水深

  • 水中で超音波パルスが進む速さは、1秒間に約1500mです。超音波を発射してから反射が帰ってくるまでの時間が1秒とすれば、反射物までの距離は750mあることがわかります。
  • つまり、水面から超音波を発射し、海底から反射波が返ってくるまでの時間が1秒であれば、水深は750mということになります。
  • 同様に、往復時間が0.1秒であったとすれば水深は75mであることがわかります。

反射波/エコー の強さと色分け

  • カラー魚探では反射波(エコー)はその強さにより色分けして画面に表示されます。
  • 一般的に強い反射を赤系統、弱い反射を青系統とし8~16色で表示します。
  • 色分けの順番はカラーバーでメニュー内などに表しています。

ボートの進行と魚探の画像

  • 以上のことから、魚探は船に取付けた振動子から超音波パルスを発射しその反射波を受信、それを連続して繰り返しながら船が進めば、表示画面に自船の下の断面図が描かれることになります。

     ボートの進行  |魚探の画像
魚探の説明

  1. 一番上の画像
     ボートが漁礁及び魚に乗りはじめたところ
  2. 二番目の画像
     ボートが漁礁及び魚の真上を通過中
  3. 一番下の画像
     ボートが漁礁を通り過ぎた状態

魚探の指向角

  • ここで多くの人が勘違いしている指向角について説明します。
  • 魚探は船底に取付けた振動子から超音波を送受信するのですが、この時、感度に指向性が表れ、これを「指向角」と呼びます。
  • 指向角は超音波の周波数と振動子の寸法でほぼ決定されます。通常よく使われる200khz600wの振動子で12~15°、50khzで40°位と言われています。
  • 魚探はこの指向角内を探知し、指向角外は探知しないと言うものではありません。
  • よくメーカーのカタログや取扱説明書に指向角**度と記載されていますが、この場合の指向角とは振動子から距離1mで、超音波エネルギーが真正面の半分になる角度(半減半角)の2倍とされています。
  • したがって、魚探の探知角度は感度のアップダウンや水深で変化するわけです。感度を上げれば角度は広くなり、下げれば狭くなります。
  • また指向角は放射状に広がった後、図の様に狭くなります。
  • 指向角は水深によっても変化します。水深がどんどん深くなり、ついに海底が映らなくなったところで 指向角=0 と言えます。

    ''振動子''の''指向角''

  • 指向角は図でもわかる通りメインローブとサイドローブがあります。通常サイドローブは出来るだけ少ない方が良いのですが、サイドローブを積極的に使い水面付近の魚やプランクトンの観察に役立てる場合もあります。
  • しかしサイドローブは正確に生産管理されていないので、その利用には自分の振動子の特性を知る必要があります。


実際の魚探画面

''魚探''画面 例
  • これは一般的な魚探画面です。
  • 画面右の縦の数字0 10 20 30が深度目盛です。
  • 赤茶色の部分が海底です。
  • 言うまでも無く現在の自船位置は画面右端で水深約19mです。
  • 少し前までは水深約22mの平坦な海底でした。(画面左端)
  • ボートが漁礁に乗りその上に小魚が群れています。
  • この様なポイントには小魚を狙って大型魚が回遊してきます。


FUSOエレクトロニクス SONIX 葵ソニック SUZUKI 鈴木魚探 HONDEX ホンデックス KODEN 光電 JRC 日本無線 FURUNO フルノ


魚探デジタル魚探GPS魚探GPSプロッター
マリン レーダーソナー漁業無線中古品情報
限定特価オプション部品その他の商品

powered by HAIK 7.1.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional