2ステーションの注意事項

2ステーションをされる場合で、市販品を利用される場合は以下のことにご注意ください。

画面の向きに注意!

  • 親機が縦型の場合、横型のモニターを使用すると画像が横を向いて表示されます。

    JMA-1030シリーズの例
    JMA-1030シリーズの例

  • これを回避するには縦型のモニターを使用するか、横型のモニターを縦に取り付けるしかありません。

画像解像度に注意!

  • 市販モニターを使用する場合、画像解像度に注意してください。
  • たとえば親機がVGA(640×480)の場合、市販モニター側でVGA(640×480)が選択できないと映りません。

輝度に注意!

  • 市販モニターを使用する場合、十分に輝度が明るくできたり暗くできたりする物を選ぶ必要があります。
  • 十分に輝度が明るくできないと屋外では見え難くなります。
  • また、十分に輝度が暗くできないと夜間に眩しくて操船に障害がでます。

電圧に注意!

  • 家庭用モニターを使用する場合、電圧は100Vです。
  • DC-ACインバーターが必要になりますが、擬似正弦波の場合、モニターが動作しない場合があります。(モニターが故障する場合もあります)

潮風に注意!

  • 家庭用モニターを使用する場合、防水加工がされていないと数年で故障します。
    (船内に設置しても故障するケースが多々あります)

振動に注意!

  • 家庭用モニターは振動対策がされていませんので船の振動により数年で故障します。
  • 防振ゴムなどで対策が必要です。

ケーブルに注意!

  • 親機と子機を繋ぐケーブルは殆どの機種でD-sub15ピンのケーブルを使用します。
  • 市販のD-sub15ピンのケーブルを使用する場合、親機と子機の距離が関係し、距離が近い場合は細いケーブルでも構いませんが、遠い場合は十分太いケーブルをご使用ください。

大きいモニターを使用する場合

  • 親機がVGA(640×480)の場合、24型などの大きなモニターへ出力すると画像が粗くなります。
  • 親機がVGA(640×480)の場合、15型までがおすすめです。

モニターでは操作できません

  • 当然のことですが、モニターでは操作できません。
  • 純正モニターを使用した場合、子機でも操作は可能ですが親機と連動します。

純正モニターは高価なため、PCモニターやテレビなどを使い捨て覚悟で使用する方もみえます。
また、周波数により映像が出ないことが稀にあります。