Top>お役立情報>無線局開局の手引

無線局開局の手引 | レーダー・無線

魚群探知機 ~ レーダー | お役立情報 - (株)ナビテック

作成中

罰則 など

  • 漁業無線機、船舶レーダー、マリンVHFなどを無免許で運用すると電波法の規定により処罰を受けます。(1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)
  • ここでは船舶局の開局申請の方法を説明します。
  • 送信電力が5kW未満の船舶レーダーやAISクラスB送受信機は「無線従事者免許証」は不要ですが「無線局の開局」が必要です。
  • 送信電力が5kWを超える レーダー 漁業無線 マリンVHF の運用は「無線従事者免許証」を取得し、さらに「無線局の開局」 が必要です。
  • 無線局は5年ごとの書き換えが必要です(再免許申請)
  • その他「定期検査」などがあります。

無線局の運用資格

  • 第三級海上特殊無線技士
    • 沿岸漁船の無線電話,レジャーボート,ヨット等に開設する無線局を操作する資格
      (5kw以上のレーダーは操作出来ません)
  • 第二級海上特殊無線技士
    • 第三級に加え5kw以上のレーダーを操作する資格
  • レーダー級海上特殊無線技士
    • 5kw以上のレーダーを操作できる資格
      (5kw以下のレーダーは免許不要)


      無線局の運用資格

海上特殊無線技士 資格の取得

漁船・プレジャーボートの無線局

  • 出力5kW以上のレーダー・漁業無線・マリンVHFなどは、必要な「無線従事者免許」を取得し、且つ「無線局の開局申請」が必要です。
  • 出力5kW未満のレーダーAISクラスB送受信機 は無線従事者免許は必要ありませんが、「無線局の開局申請」の必要があります。

船舶局 開局申請

  • 船舶局の開局申請は使用者ご自身での申請が可能です。
  • 申請と免許取得の流れや手数料に関しては、総務省 電波利用HP「無線局の免許手続き」をご覧ください。
    ≫≫≫総務省 電波利用HP
    ≫≫≫申請書類の記載見本

5kw以下のレーダー

AISクラスBの申請

5kw以上のレーダー・漁業無線・マリンVHFなど申請

参考